色素遺伝と先天性疾患について

イングリッシュコッカーは、非常に多種多様なコート・カラーを有し、特にローンと呼ばれる独特な配色は、この犬種の代表色でもあります。

この色を構成する色素が、実はある特定の先天性疾患、遺伝病を発生させるメカニズムに関与していることを皆さん、ご存じでしょうか?

maymamaはまだまだ勉強の途中ですので、そのメカニズムの詳細を正確にお伝えすることができませんが、おおまかな概論として記します。

色素で危惧される有名なカラーと言えば、ボーダーコリー、シェルティなどに表現されるマール色、それにMダックスによく見られるパイ・ボールドやダップルなどが代表としてあげられるかと思います。

そしてこれらのカラーに好発する先天性疾患の代表として、視力障害、聴覚障害が知られています。

どうしてこれらのカラーがこのような疾患を誘発するのかというと、メラニン色素(メラノサイト)が関係しており、これは色素だけでなく、聴覚の形成などにも関与しているからです。

それに問題があると、ブルー・アイ、視力欠損、眼球低形成、難聴などが現れます。

実際、パーシーのブリーダーからも、友人の(Eコッカー)ブリーダー宅で小眼球症のパピーが生まれたと聞いたことがあります。

聴覚障害といえば、ダルメシアンやブルテリアなどが好発犬種として代表されるかと思いますが、彼らはマールでもなければ、ダップルでもないですよね。

じゃぁなぜ!?・・・・それはホワイト・スポッティング(Sシリーズ)対立遺伝子が関与しているからと言われているのです。

そしてこのSシリーズのうちのパイ・ボールド(sp)を表現型(ホモ)としてもつのがイングリッシュ・コッカーやイングリッシュ・セター達みたいなんですね。

ですから、イングリッシュ・コッカーにおける視力、聴力障害はソリッドではなく、ローン色に多く現れます。

(しかし、maymamaの薄識から推察するに、劣性色と言われる、チョコ、レッド、そしてセーブルも、歴代の色素構成によってはそのリスクが有りうると思います)


これらは、繁殖前検査ができるものではなく、ある意味その犬種として生まれたからの宿命的な疾患でもあり、100%回避することは困難でしょう。

しかし、こういった個体が不幸にも誕生してしまったなら、ブリーダーはこれらを真摯に受けとめ、今後のリスクを減らすべく、なんらかの対策を行わなければなりません。

少なくとも、同一個体や、同ラインでの繁殖は外し、できる限り回避すべく努力しないといけません。

視力障害は、比較的早期に現れる(わかる)ことが多いので、一般家庭に嫁ぐ間に把握することはできますが、聴覚障害は生後2~3か月ではなかなか見分けがつかないと思われます。(我が家ではまだ幸いに経験がないので、観念論でしか言えませんが・・・・)

ですので、どんな疾患にも言えることですが、特に先天的と思われるもの、遺伝関与と思われる疾患を発症したオーナーさんは、ブリーダーに報告をされることを切に望みます。

ブリーダーにとってもそれはショックなことではありますが、今後の自身の繁殖を助ける非常に有益な情報でありますから、臆することなく報告をして頂きたいと思います。

その善意の報告を「有難い」と思うか「うるさい、面倒くさい」と思うか・・・・ブリーダーの真価が問われることでしょう。

オーナーさんは、こういったリスクを先天的に持つ犬種であることを念頭に置きつつ、報告という形で、ブリーダーに協力をして頂くことが、この犬種を宿命から回避させる唯一の手段なのです。


にほんブログ村



にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

maymama

Author:maymama
欧州タイプのイングリッシュ・コッカーのブリーディングをしています♪ 
特に北欧は、容姿、健全性ともにハイレベルであり、現地トップブリーダー達の助言のもと、「本場のイングリッシュ・コッカー」の作出に向けて、真面目に、真剣に取り組んでいます。

<動物取扱業表示>
事業所名:O.H.LOVERS
所在地:大阪府
動物取扱責任者:Harumi.O
登録番号:大阪府01781-1
Web mail: ohlovers3@yahoo.co.jp
HP number:090-3058-6918

Information
All puppies are spoken for or reserved キャンセルがあれば再募集します
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
rain shininig
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
リンク
QRコード
QR